アプリ スマホ

セブンイレブンがスマートフォンでより便利に利用できるようになる!?

投稿日:2018年6月23日 更新日:

スマートフォンが当たり前になった今、スマホのブラウザやアプリで買い物をする機会が増えましたね。
大手の通販サイトから個人同士の取引まで、様々な方法で買い物が出来ます。
発注してから届く時間もサイトによって様々ですが、出来れば簡単で早急な方が嬉しいですよね。

今回紹介するのは、全国にあるコンビニ「セブンイレブン」がスマホと連携したことについてです。
まだ試験段階のものもありますが、各地域にあるコンビニなので対象エリアも拡大しやすいでしょう。
「スマホとコンビニが連携するとここまで近未来的になるのか!」と驚く内容が多くありました。

セブンイレブンとスマホが連携することで、決済が簡単に!?


by pixabay

来年の春から、セブンイレブンはスマートフォンで支払いが出来る独自の決済サービスを開始します。
スマホ決済には「ApplePay」「GooglePay」などがありますが、セブンイレブンがスマホ決済を実装するのには、以下の理由があるからでしょう。

1.決済をスマホで処理することで、キャッシュレスのスピードを速める。
2.買い物履歴から、より詳しい情報を得ることが出来る。

また、実装された場合の決済方法は以下の通りです。

  1. 事前にスマホに専用アプリを入れる
  2. プリペイドカードを事前に購入、又はクレジットカードを登録する
  3. 店内でスマホをかざすと代金の決済が行われる

銀行や駐車場、ファーストフードでもキャッシュレス化がされ始めています。
なので、セブンイレブンが導入する理由は分かりますが、SNSでは「独自のアプリじゃなくまとめてほしい」という声が多くありました。

とても難しい問題ですが、2番の買い物履歴からの情報と言うのは、無人レジ化を狙っている気もしますね。
無人レジになると、決済はスマホ決済になります。
また、商品にはICチップが付いているので、「あなたにお勧めの商品」などを出すための情報収集と思うと納得ですね。

スマホ決済だけじゃない!セブンイレブンは宅配もする!?

セブンイレブンは2018年5月10日にスマホ決済だけではなく、「ネットコンビニ」も展開することを発表しました。
ネットコンビニとは、スマホから商品を注文し、最短2時間で指定した場所に届けてもらうサービスです。
2017年10月から、北海道小樽市など約25店舗でネットコンビニのサービスを試されていたため、知っている方もいるかもしれませんね。

約25店舗で試した結果、効果があると実感したために拡大するとのことになりました。
まず、2019年8月までに北海道内全1000店で展開し、9月以降に順次、全国の2万店舗でサービスを受けれるようになります。

サービスの利用方法は以下の様になります。

  1. スマホで届け先と店舗を選択する。
  2. おにぎりなど約2800品から好きなものを注文する。
  3. 配達時間等を指定して待つ。

注文は24時間可能で、配達時間は午前11時〜午後8時とし、1時間ごとに指定が可能。
注文は1000円以上からで配送料は216円ですが、3000円以上で配送が無料になります。
花見などのイベント時の他に、家庭の事情で宅配してほしい人には嬉しいサービスですね。

説明会で発表をした古屋一樹社長は「2万店で2800品をすぐに届けられるサービスは、リアル店舗を持つセブンにしかできない」と話しています。
確かに、似たサービスとしてAmazonPrimeNowがありますが、会員料があるのと対象エリアが限られています。
一部のスーパーでも宅配サービスがされているので、利便性で顧客が移動しないように、企業の競合が始まる可能性もありますね。

それだけじゃない!セブンイレブンが提供するセブンミールがAIに対応!?


by セブンミール

セブンイレブンではネットコンビニとは別に、お弁当などをスムーズに店舗で受け取り、又は自宅に配達をしてくれる「セブンミール」のサービスも行っています。
これは以前からあるサービスですが、2018年6月18日から東京都内にある約2600店舗のみでAI機能を導入しました。

AI機能を利用するには、Googleアシスタントをインストールする必要があります。
また、セブン&アイグループのネットショッピングサイト「オムニ7」の会員登録と店舗登録が必要です。

上記の条件を満たした状態で、Googleアシスタントに「セブンミールに繋いで」と言いましょう。
すると、登録店舗の確認が表示されるので、音声かタップで確認をして、受け取り・便を選びます。
その後、約30品(7月2日から50品に増加)から商品を選び、完了となります。

受け取り方法が店舗受け取りのみで、会計もレジなのが少し必要性が薄いですね。
しかし、勤務中のランチタイムにスムーズに購入できるのは嬉しいので、東京都内の方は試してみてはいかがでしょうか?

セブンイレブンとスマートフォンが連携することで、決済・ネット注文・配達など、サービスが増えました。
まだ試験段階のものも多く、不便に見える部分もありますが、試行錯誤をして更に便利なコンビニになると嬉しいですね。

-アプリ, スマホ
-, , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホ アプリ

日本はスマホのアプリ所持数が世界1位?AppAnnieの調査で見る世界のスマホ事情

アプリ調査会社として有名なApp Annie(アップアニー)が、5月12日にアプリの利用状況に関するレポートを公開しました。 本レポートでは、アプリの所持数や利用時間を国別に分析しています。 今回は「 …

シグナルシールド

英国日産が考えている「シグナル・シールド」とは?車内スマホに画期的な関連商品が登場するかも!?

2015年、運転中に携帯電話を使用することで起きた事故は1年で846件ありました。 スマホの普及拡大に比例して事故件数が増え、その9割が自動車によるものでした。 これは日本のみの話ではありません。 米 …

スマホ,ケース

iPhone7を完全防水にする耐衝撃ケース『Atomic3.0』が凄い!

iPhone7とiPhone7 Plusは、これまで付いていなかった防塵・防水性能がついていると言われています。 発表された時に「防水機能がつけられている」と言われていたからですが、本当は耐水性能のみ …

新世代型?docomoから2つのアプリが開けるスマホが登場!

攻略サイトを見ながら、ゲームアプリが開ければいいのにな…。と思ったことはありませんか? 履歴からブラウザを開いて、閉じて、アプリを開いて、閉じてを交互に繰り返すのは面倒ですよね。 今回紹介するDoCo …

ホームボタン廃止の心配いらず?仮想ホームボタンが便利!

iPhone7からホームボタンの押したときの感覚が変わり、iPhoneXからホームボタンが廃止されましたね。 新しいデザインに興味があるけど、ホームボタンに慣れているために機種変更出来ない!と言う人も …

アーカイブ

カテゴリ